LGBTフレンドリー企業とは自分フレンドリー企業?就活中のゲイがもう一度その定義を考えてみた。

こんにちは。カズマです。

最近、半年近くに及ぶ私の就活がやっと終わりました。

途中からLGBT当事者としてカミングアウトすることを前提に就活をしていましたが本っっ当に大変でした。

何が大変だったのかいくつか挙げてみると、

  • 自己分析のやり直し
  • 就活の軸が変わって志望企業(LGBTフレンドリー企業とか)を再洗い出し
  • 自己PR文や自己紹介文の作り直し

などなど、カミングアウトを前提に就活すると様々な点で影響がありました。

さらには毎回の選考でカミングアウトをしないといけなかったり、拒絶されるかもしれないという思いから来るストレスなどもありました。

具体的にどんな困難に直面したのか、別の記事で紹介していますので、読んでみてください。↓

今回の記事では、ゲイの就活生である私なりの視点から

LGBTフレンドリーな企業とはどんな企業なのか?

について考えてみたことをシェアしています。

記事を読んで、

皆さんにとってのLGBTフレンドリーがどういうものなのか、「自分らしく」働ける会社がどんなものなのかもう一度考えてみるきっかけになればと思っています。

LGBTフレンドリーな企業は意外とたくさんあるかもしれない

皆が知ってるLGBTフレンドリー企業はほんの一部なんじゃないか?という疑念

LGBTフレンドリーな企業という言葉を聞いて、どんなイメージを持つのでしょうか?

インターネットで「LGBTフレンドリー 企業」と検索してみればわかりますが、

そこでは皆さんが想像するような

  • LGBTイベントへの参加の様子
  • 家族手当や同姓配偶者のための福利厚生の導入
  • LGBT研修の実施
  • 差別禁止規定や理念にダイバーシティを掲げている

といった、メディアや新聞で取り上げられることが多くあるような取り組みをたくさん見つけることができます。

それがいわゆる一般的なLGBTフレンドリー企業ですよね。

そんな中で私が実際に就活をしていて感じたのは、「LGBTフレンドリー企業」と呼ばれるところは基本的に大企業が多いってことなんですよね。

ランキングや一覧を見ても、名の知れた某コーヒーショップやITコンサルなどの大手ばかりです。

正直、そういった企業に入社することができるのは一部の人たちだけだと思います。採用枠も限られてる中で全国の優秀な人達との競争で採用を勝ち取らなければならないですからね。

そうなったときに、就活中の私がふと思ったのは、

LGBTのための福利厚生や研修の充実といった、

企業が実際に取り組んでいることだけが、LGBTフレンドリーな企業を判断する要素なんだろうか?

ということでした。

ランキングに載ってる大企業だけが、LGBTフレンドリーな企業ではないという気づき

表立ってダイバーシティ経営に取り組んでいる様子はなかったが、蓋を開けてみればLGBTフレンドリーだった。

そんなことが起こる確率は正直ゼロではないと思います。

世にある大企業の数は約1万社。対して中小企業は約380万社。
(経済産業省:2017年度版中小企業白書より)

リストアップされていない、もしくはメディアに取り上げられるような大きな取り組みがないだけで、実はLGBT当事者にとって働きやすい企業は視点を変えればいくらでも見つかるかもしれないと私は思いました。

ちょっと考えてほしいのは、LGBTに限らず、誰もが働きやすい職場ってどんな環境なのかということ。

例えば、

  • 社員の個人情報がしっかりと守られている会社
  • パワハラ、セクハラ防止を徹底している会社
  • 会社内で仕事以外の話を持ち出さないよう指導している会社

こういった当たり前のことを徹底している会社は、LGBT当事者にとっても働きやすい会社、広い意味ではLGBTフレンドリーなのかなと私は思います。

逆にこの当たり前が実現できてない会社では、いくらLGBTへの取り組みや実績があっても働きたいとは思わないはずです。

いつの間にか住所が知られてた(個人情報が洩れてた)けど、同姓パートナーへの福利厚生が適用できるからLGBTフレンドリーだ!
↑アウティングのリスクを考えるとLGBTフレンドリーと言えるのか?

個人情報が簡単に漏洩する会社では、自分の家族の情報や住所がみんなに知られたり、配偶者(同姓パートナー含め)の情報も筒抜けになるかもしれません。
LGBT当事者にとってもそうでない人にとっても安心して働ける会社ではないですよね。

そう考えたときに、LGBT研修やパートナーシップ制度の適用といった直接的な取り組みだけが、LGBTフレンドリー企業だと定義する要素だと考えてしまうのは少し早急なのかもしれません。

LGBTフレンドリー企業は自分フレンドリー企業

LGBTの自分にとって働きやすい会社というのはLGBTフレンドリーというより自分フレンドリーな企業ということなのかなって就活をしていて思うようになってきました。

LGBTのための直接的な取り組みがあるからといって、その企業が必ずしも自分に合ってる企業というわけではないからです。

LGBTのための実践や取り組みがあっても、服装や髪型に厳しい制限がある会社で働くことは、見た目で自分らしさを表現したい当事者にとって苦痛になります。

セクシュアリティを公表して働いているからといって、私生活までオープンにしたいと思う人は少ないかもしれません。そんな人が社員同士が近い距離間にいる会社で働くのはストレスですよね。

だから自己分析をしっかりとして、自分に合った社風(フラット、自由、穏やか、堅実)を見つけたりとか、特定の職種の仕事内容を見てどんな人たちと仕事をするのか考えたりなど、細部までしっかりと吟味して判断するのが大切なんだと思います。

LGBTフレンドリーな企業を見つけるというよりは自分フレンドリーな企業を見つける努力をすること(自分らしく働ける会社を見つける努力)で、数多くある企業の中から自分らしく働きやすい会社に行き着くことができるのかなって感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。