【LGBT就職】ゲイであることを面接でカミングアウトしたら採用は優遇されるのか?

面接でうまくカミングアウトすればその勇気を評価してくれて採用を優遇してくれるんじゃないか?

一度はそんなこと思ったことはありませんか?

結論から言うと、ただカミングアウトをしただけでは採用されやすくなることはありません。
むしろ、何の準備もリスク想定もせずにLGBT当事者であることを伝えてしまうのは危険だと思います。

実は私も一度だけ面接でカミングアウトをしました。

今回の記事では、就職を考えている学生や現在就活中のLGBT当事者の方々に向けて、私の体験を元に面接でのカミングアウトについてシェアしていきたいなと思います。

カミングアウトしたからといって評価してもらえるわけじゃない

カミングアウトは必ずしもいい結果を生むわけではない

面接官はセクシュアリティで採用の可否を決めていない

企業の採用基準って、簡単に挙げると

  • コミュニケーション力
  • 主体性
  • 協調性
  • チャレンジ精神
  • 誠実性

こんな感じだと思います。また、中途であれば実績や経験、新卒であればポテンシャル採用で、課題に対してどう取り組むのかであったりキャラクターが求める人物像にマッチしているのかを見られています。

そもそも、厚生労働省では「公正な採用選考の基本」という点で、「応募者の適性・能力とは関係ない事柄で採否を決定しない」と記しています。

さらに「LGBT等の性的マイノリティなど特定の人を排除してはいけない」とも語っています。

参考:厚生労働省 「公正な採用選考の基本」https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/topics/saiyo/saiyo1.htm

そのため、例えば今の私たちの能力やスキルがそのセクシュアリティに起因して身に付いたものであったとしても、セクシュアリティそのものが採用の可否に影響してくることは基本的にあってはいけないことなんです。

例えば私はゲイですが、ゲイであること自体が原因で選考に落ちることがあってはだめだし、逆を言えばゲイだから合格!みたいなことがあるのもおかしいんですよね。

面接官は個人のセクシュアリティで採用を決めることはないんですね。

カミングアウトしたらわかった事。面接官はセクシュアリティに興味ない。

私もカミングアウトが面接に有利になるんじゃないかと考えたことがあって、一度だけ会話の流れでカミングアウトしたことがあります。

面接官

へ~、そうなんですね。

話の中に私がゲイであることがはっきりわかるように話しましたが、返答はこんな感じで特に私がゲイであることには興味がないようでした。

それもそのはずで、面接の担当者が興味があるのはゲイの私ではなく、今の私ができあがるまでにどんな困難があって、どうやって乗り越えたのかということだからです。

たぶんそれが中途採用の面接だったなら、実績や業務経験のことを掘り下げられただけなんだろうなって思います。

確かにカミングアウトは勇気のいることです。

でも、自分がセクシュアルマイノリティであること自体は武器にはなり得なくて、カミングアウトそのものが採用に+に働くことはないんだと思います

まあ、偏見や差別意識がある人に対してはカミングアウトという行動が悪い方向に働くかもしれませんが。。。最近は「多様性」に取り組む企業も増えてきていますが、LGBTに関してだけ言えば正直まだまだなところがありますよね。

実際に企業の方がどう考えているのか、聞いてみたことがあります。別の記事に書いてあるので読んでみてください。

カミングアウトが武器になると思ってしまった原因

少し考えればわかることでした。

私のようなゲイを含め、LGBT当事者にとってのカミングアウトという行動は下手をすれば(しなくても)その後の人生に関わってくる大きなイベントになりがちです。

そして、良くも悪くもカミングアウト=偉い・すごい」といった意識が私の中にあり、面接でのカミングアウトという行為そのものが面接官へのアピールになると勝手な勘違いをしていました。

カミングアウトをする自分に酔ってしまい、良い面接官なら必ず評価してくれるだろうと勝手に期待をしていました。恥ずかしい限りです。。。

セクシュアリティではなく、経験を武器に面接に挑む

セクシュアリティを強みに変える女性

結局、企業が求める人間って、「成果を出せる人間」なんですよね。

セクシュアリティなんて関係なく会社に利益を生み出せる人間が欲しい。だから応募者の経験や実績、ポテンシャルを見る必要があるんだと思います。

もし面接でセクシュアリティなしに自分を語ることができないのであれば、カミングアウトそのもので面接官の心をつかむのではなく、

  • 今の自分に至るまでにセクシュアリティの壁をどう乗り越えてきたのか
  • LGBT当事者であることと今までの経験を結び付けて、会社にどうやって貢献できるのか

ていうのをアピールする必要があるのかなと思います。

そのためにも自己分析は必須ですね。私も頑張ります。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。