ゲイがカナダで出会い系アプリを使ってリアルした話

私の本格的なゲイライフはカナダから始まった

Kazuma

こんにちは。Kazumaです!私はゲイです! →ツイッタープロフィール

突然ですが、皆さんは出会い系アプリを使ったことがありますか?

日本ではそのワードを聞くだけでやましいイメージを思い浮かべる人が多いかもしれません。

でも、海外ではかなり浸透していてむしろ使っているのが普通みたいな流れもあります。

実際、私も海外で複数の出会い系アプリを使っていた一人です。

今回はそのアプリを使った私のカナダでの出会いのお話をしていこうと思います。

アプリインストールのきっかけはシェアメイト

正直な話、そういう出会い系のアプリには前々から興味はありました。

でも特に必要ないかなーみたいな感じで一度も使おうとしたことはなかったです。

だから時の私は今どんな出会い系アプリがあって、どのくらい流行っているのかも全くわかっていませんでした。

カナダでも来たばっかりの頃はそんな感じで適当な日々を過ごしていました。

そんなある日、

いつものようにシェアハウスのキッチンでご飯を食べていると、仲の良かった私の家のシェアメイトが出会い系アプリを使っていることを聞かせてくれました。

そして彼は私に半ば強制的にオススメのアプリをダウンロードさせたわけです。

設定は彼が全部してくれて、フォルダから良い感じの自分映った写真を選んでいざ!

という感じでした。

Kazuma

女の子しかいない~つまんない~(心の声)

実はその時のアプリ設定でマッチしたい性別は女性に設定されていたんですが、

私はゲイ(彼には打ち明けてない)なので、

正直アプリで女性を見るのはめんどくさいというのがその時の気持ちでした。

とりあえずその場は適当に乗り切ったんですが、

その後設定をしっかりと男性相手に変えて利用していたことは彼も知ることはありませんでした。

タイプのゲイをスワイプスワイプスワイプの数日間

始めてみて数日後の感想としては、

Kazuma

ハンサムガイがめっちゃいる~!!

というのが最初に感じたことでした。笑

当時私が住んでいたのはカナダのトロント。

世界中からたくさんの移民が集まる都市で、

人口も多いので私好みの人たちもたくさんそのアプリを利用していたわけです!

そのアプリに導入されていたシステムはいたってシンプルで、

画面に表示された人を好きか嫌いかで左右にスワイプするだけ。

お互いに好きとスワイプすれば晴れてマッチ成立!からのチャット開始!

みたいな感じでした。

このマッチングシステムが簡単で、好みの人が多くて毎日暇な時間に

Kazuma

好き。嫌い。好き。嫌い。好き。好き。好き好き好き好き、、、、(スワイプスワイプスワイプスワイプ)

途中からはただのロボット作業かと思うぐらい無心でやってましたね。。

結果的にその数日でマッチしたのは20~30人ほどでした。

でもマッチしたといってもまだ知らないもの同士。

みんな最初は”Hello How are you”から始まるので

途中で会話を続けることに疲れてしまいましたが

それでもなんとなーく続けてました。

Kazuma

どんな目的で使ってるんだろう?

大体は皆さんの想像通りで、

  • 欲求不満を満たすためにやってる人
  • 真面目な出会いを探している人
  • 単純に友達を作りたい人

って感じです。

友達が欲しい人は基本チャットが長続きしますが、

身体目的の人はすぐに会おうと誘うし、

すぐに「今どこにいるの?」という質問が唐突に来たりします。

そのやりとりを適当にやり過ごした後、

返信が来なくなる人は基本そういう人なのでチャット履歴をすぐ削除してましたね。

Meetup!! 実際に会ってみて(リアルして)かわるイメージ

今しがた話したように、マッチした人のなかには

実際に会ってお話しようと言ってくる人がいました。

公共の場で出会えば問題ないと思ったし、

会話の内容やSNSのリンクを見て

問題なさそうな人もいたので数人ほど実際に会ってみることにしました。

今回はそのなかでも印象に残ってる二人を紹介します。

※掲載許可は得ています。

一人目:カフェでリアル。初対面のカナディアン。

一人目はカナダで生まれ育った大学生でした。

出会い系アプリを使ってリアルするのは初めて!

加えて英語での会話!!

Kazuma

やばい。ちゃんと英語で話せるかな??心臓爆発しそう。。

ということでめちゃめちゃ緊張していました!

スターバックスで待ち合わせをして、初対面。

本物はアプリの写真よりもハンサムで一瞬ドキッ!

としましたがドリンクを頼んで席に着きました。

ちなみに私はキャラメルマキアート

彼はホットチョコレートを飲んでました。←かわいい。。

意外と英語での会話は問題なくできたし、

彼の大学生活や私のカナダ生活などたくさんのことを話しました。

でも、どっちもすごく緊張していて終始すごくまじめなお話をしていました。

(例えばカナダの教育の話とか日本の政治の話とか、、、)

会話は途切れることもはなくて、

話し方や表情から彼の人間性も見て取れました。

始めて会ったのが彼で良かったし、

すごくいい体験だったと今は思います。

二時間ほど話した後、どちらも用事があったのでそろそろ解散という形に。

彼を見送るために一緒に歩いて駅までいきました。

実は別れ際、私はどうすればいいのかわからなくて戸惑いました。

ゲイとして人と会うのも、現地の人と1対1で会うのも

初めてだったのでどういう風にあいさつをすればいいのかわからなかったからです。

するとその様子を見た彼の方からハグをしてくれました。紳士的。

なんだかんだで人とハグをすること自体、

あの時が5年ぶりぐらいだったような気がします。

日本には別れ際のハグやキスなんて習慣はあまりないので、、。

二人目:移民を目指す留学生とのリアル

二人目はベトナムからの留学生で移民を目指して学校に通っていました。

実はこのベトナム人の彼、別の都市に住んでいて

私に会うためにわざわざ来てくれました。

私は一人目と同じようにめちゃめちゃ緊張していました。

理由は同じく、

英語が伝わるのか不安でした。

Kazuma

今回もうまく英語で話せるかな?アクセント大丈夫かな?

結果から言うと、伝わるどころか聞き取るので精一杯でした。

正直かなりきつかったです。。。

というのも、彼の英語にはベトナム特有のアクセントがありました。

それでもすのごく早口で話すので、

まだ未熟者の私にはかなりハードルが高かったです。

その夜、彼とは一緒に中華系レストランでディナーをしました。

聞きとることで精一杯で

私から話題を振ることはあまりなかったですが、

彼はとてもおしゃべりな性格だったので結果オーライだったかなと思います。

ちなみに彼は私にとって初めての彼氏になりました。

とまあ、他にも出会った人(リアルした人)はいましたが、

こんな感じでアプリを有効利用してました。

出会い系アプリ使っての感想・出会いはあなた次第

出会い系アプリ使って、実際にリアルもしてみて感じたことは、

  • みんな価値観違う!(これが当たり前!みたいな決めつけがない)
  • いろんな人種がいる!(カナダは移民国家。アジア、ヨーロッパ、南米、アフリカなどたくさんいる)
  • 自分らしく生きてるゲイがたくさんいる!

ということでした。要は

みんな違ってみんな良い!

てやつです。雑にまとめました。

海外ではこういった出会い系のアプリがきっかけで

交際まで発展し結婚までした人たちもたくさんいます。

Kazuma

私もアプリがきっかけで恋人できました! (ドヤ)

ただアプリを使うことはもちろん危険も伴うようです。

例えば想像するのはノンケ(ストレート)の異性愛者がアプリを使った結果

暴行事件に巻き込まれる事件などですね。

でもゲイやその他LGBT当事者にもそういう事件は実際に起きています。

カナダで私が滞在していた地域でも殺人事件が発生したケースもあるようなので、

その辺の注意は怠らず、安全に楽しくアプリ利用できたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。