カナダワーホリ 経験者が選ぶ持っていくべき持ち物リスト

こんにちは。Kazumaです。

今回は私がカナダのトロントに留学したときの経験から、持っていくべきだなと思った物を紹介していこうかなと思います。

いよいよワーホリ。何を持っていこう?

ワーホリの手続きが済んでいざ留学!となったとき、

「スーツケース、何をいれればいいんだろう?」「空港で重量オーバーになっても困る、、。」「行ってから買うつもりだったのに全然売ってない!」

なんてことはこれから海外に行く人たちならおそらく誰もが直面する問題ですよね。

そんなことが起こらないように、あらかじめ留学先への持ち物をリストアップしておきましょう!

みんな共通して必要な物

まず、ワーホリに行く人はみんな必ず持っている必要があるものを紹介すると、

  • パスポート
  • 航空券
  • クレジットカード
  • 学校の書類
  • 現金
  • ビザ関係書類

などが主に挙げられます。忘れないようにしっかりメモしておきましょう。

特にクレジットカードと現金は両方ちゃんと持っていくようにしましょう。

なぜかというと、読み取り機がカードを受け付けてくれない場合がたまにあるからです。実際私のカードも一枚、カナダで使えなくて困りました。。。

現金は最低でも現地の通貨で10万円分ぐらいは持っていくといいです。カナダはカード文化ですが、お店によってはまだ現金しか受け付けていないところもあります。

便利な電子機器

電子機器は現地で買うと高価なものが多いので、できる限り持参しましょう。

  • PC
  • 電子辞書
  • デジカメ
  • 変換プラグ

日本とカナダでは電圧が違うので、変換プラグは忘れないようにしましょう。

ただ、最近の充電器や電子辞書については、アダプターが海外でも使えるようになっているものがあるようです。

実際に私のアイフォンや電子辞書は変換プラグが必要ありませんでした。

ただ、電動の髭剃りは対応しておらず、試しにそのまま充電しようとしたら見事に電源が入らなくなって壊れました。㊟火事の原因になることもあるので絶対に真似しないでね。

持参するべき日用品

移民国家のカナダではアジア系の商品もたくさん売られているので基本的になんでもそろいます。

ここでは留学して初期の頃のために持っていくべき物を紹介します。

持参するべき日用品としては、

  • 筆記用具
  • タオル
  • 生理用品
  • 化粧品
  • 洗面用具

などです。特に洗面用具や化粧品に関しては日本で売っている物をスーパーで見つけるのは苦労します。

基本的にはアジア系の人たちが好む商品もたくさん売っていますが、同じ商品でも成分濃度が違ったり、そもそも英語表記なので化粧品など、こだわりがある方は英語力に自信がない限りは好みの成分や効果がある製品を探すのに非常に苦労します。

最初は持って行って、生活に慣れてきたら現地で購入してみるのをお勧めしますよ。

持参するべき衣類

場所によってまちまちですが、冬場は-20度近くまで気温が下がることがある地域もあります。ちなみに私が滞在していたトロントもそうでした。

夏は暑いので日本の感覚で準備してくれれば特に問題はありません。

なのでここでは冬場に向けた持参すべき衣類を紹介しようと思います。

  • ヒートテック
  • ニット帽
  • 手袋(できれば撥水効果付き)

などなどです。ヒートテックは必須です。氷点下の中、仕事や学校に行く必要がありますが、重ね着をしすぎず動き回りやすいのはヒートテックの長所。渡航前に買っておくべきでしょう。

私が滞在していたトロントでは2016年にUNIQLOがオープンしたので、渡航後にでも購入は可能ですよ。

持参しなくてもいい衣類

経験上、持参しなくてもいい、しない方がいいと思ったものが

  • ウィンタージャケット
  • ウィンターブーツ

できればこの二つはは現地で購入することをおすすめします。なぜなら、

「スーツケースがパンパンになる」

「そもそもウィンタージャケットがどんなものなのか理解してない人が多い」

からです。

カナダでは防寒対策に特化したウィンタージャケットがたくさん売られています。私たちが普段、日本で着るようなジャケットとは機能が全く違うこともあるので、現地に住んでる人に聞いて購入した方が値段もお得です。

実は上記で紹介したヒートテックですが、私は一年間で数回程度しか使いませんでした。

というのも、

「ウィンタージャケットの性能がよくて重ね着を多くする必要がない」

「建物の中が暖房効きまくりで暑い」かったからです。

なのでカナダの寒さに慣れるまでの使用ぐらいの気持ちで数枚程度持っていけば問題ないかもしれません。個人の判断に任せます。

まとめ

先ほども伝えましたが、カナダは移民国家です。

多くのアジア系移民が住んでいるという特徴から、皆さんが思っているより手に入るものの数とバリエーションはかなり豊富です。

楽しい留学のために準備はしっかり必要ですが、持ち物に関しては、パスポートなど最低限のものがそろっていれば過度に心配する必要はありません。

最後に、私がワーホリでカナダに滞在中、常に心にとめていた言葉を紹介します。

「なんとかなる!!!」

この気持ち単純ですが結構大事です。

カナダでの過ごし方、何をしたいか、考えながら必要なものを決めていけたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。